ニキビに効く食材はこれです!

ニキビに効く食材

ニキビに効く食材

 

ニキビを治すということであれば、大切なのはスキンケアという風に考えるかもしれませんが、もっと重要になってくるのは、ニキビになる原因を体の中から改善するように務めるということなんです。

 

ニキビで困っている人の血液を検査してみると、男女問わず共通しているのが鉄不足です。

 

とくに口周りやあごのあたりにニキビが多くできてしまう原因は鉄が不足しているからなんです。

 

女性は毎月の生理によって多量の鉄を消耗しているため、よっぽど気をつけていないと鉄が不足しがちで、女性のほとんどが慢性鉄欠乏にあるといってもいいかもしれません。

 

また、注意してほしいのは低血糖症です。

 

糖質の過剰摂取で血糖コントロールがうまくいかなくなると、さまざまな不調をきたすことになります。

 

ニキビもそのひとつ。

 

糖質による血糖値の乱高ドで、ノルアドレナリンやドーパミンといった興奮系のホルモンが過剰に分泌されますが、ニキビに悩んでいる人は、こうしたホルモンが出過ぎないように工夫することが大切です。

 

興奮系ホルモンで体が「戦闘モード」になると、皮膚や粘膜を修復できず、ニキビが悪化して難治性に陥りやすくなるからです。

 

よく「チョコレートを食べるとニキビが増える」といいますが、それはこうした理由によるものなのです。

 

もちろん糖質とは甘い物に限りません。

 

精製されたご飯やパン、麺類などの炭水化物も同じく糖質ですから、ニキビが気になる人は食べるのを控えてみるといいかもしれません。

 

また、ニキビの改善に有効なのがビタミンAとビタミンB6です。

 

口元のニキビの原因が鉄欠乏なのに対して、おでこや鼻にできるニキビはビタミンA不足が疑われます。

 

ビタミンAは細胞の正常な分化を促し、皮膚や粘膜を丈夫に保つだけでなく、デコボコとしたニキビ跡の改善にも働いてくれます。

 

ビタミンB6は皮脂産生の制御に働き、健康な皮膚づくりに不可欠な存在ですから、積極的に摂るように心がけてください。

 

ニキビを悪化させる原因がもうひとつあります。

 

それはストレスです。

 

ニキビを改善する栄養をどれだけ摂つていても、過剰なストレスを受けてしまうとそれも無意味に。

 

ストレスを感じることが多い人は、ストレスに負けない栄養を摂ることも肝心。

 

ストレス対抗ホルモンの材料である、たんぱく質、ビタミンC、パントテン酸もあわせて摂るようにしましょう。

 

ニキビに効く食べ物

 

  • 鉄(皮膚代謝をアップ)豚・鶏レバー、牛赤身肉、カツオ、マグロ、あさり
  •  

  • ビタミンA (皮膚を再生に導ぐ)豚・鶏レバー、ウナギ、銀ダラ、にんじん、みかん
  •  

  • ビタミンB6 (皮膚を健康に保つ)カツオ、マグロ、サケ、サンマ、鶏ささみ肉、バナナ