保湿のポイント

保湿のポイント

乾燥度はパーツごとに見極める

 

あらためて保湿とは「肌を乾燥から守るために、水分と油分を補う」こと。

 

復習ですが、肌の潤いは、@表面の皮脂A大然保湿因子(NMF)B角質細胞間脂質の三つによって保たれています。

 

そう、脂が水を保つのです。「水と油」のバランスが、とても重要なのです。

 

しかし、実際の多くの人の肌状態は、アンバランスな状態にあります。

 

肌質は、「皮脂量」と「水分量」の組み合わせで四つに分類されます。

 

 

@普通肌…皮脂は普通(か、やや少なめ)。水分は十分。しっとりと潤って見える。

 

A乾燥肌…脂も水も不足。カサカサしてくすみ、肌荒れを起こしやすい状態。

 

B脂性肌…脂が過多で水も過多。ニキビができやすく、毛穴が開いて目立つことも。

 

C乾燥型脂性肌…脂は多いのに水が不足。皮脂はあるけど、角層保湿機能が低いために保湿力が弱い状態です。

 

 

目指すべきは「普通肌」です。

 

しかし、なにごとも普通がいちばん難しい!

 

「乾燥肌」は、悩んでいる人がもっとも多いタイプです。

 

対策はとにかく油分と水分をたっぷりと補給すること。

 

「脂性肌」は、「乾燥肌」の反対で洗顔をきちんとすることが対策になります。

 

最後の「乾燥型脂性肌」は、もっとも気を使わなければなりません。

 

水分補給をしっかりと行いますが、安易にオイル保湿を行うのは避けなければなりません。

 

このへんの肌質とケアの仕分けは自己判断は難しいので、皮膚科医の指導を受けることをおすすめします。

 

肌は、パーツごとに状態が違います。

 

額・眉間・鼻・顎は皮脂腺が発達している一方で、口のまわりや頬ばそうでもありません。

 

鼻がべたつくからといって「私は脂性肌」と早合点する方もいらっしやいますが、鼻は皮脂腺が発達しているので、この部位で自己判断したケアだと、ほかのパーツが「油断」によるケア不足になりかねません。

 

肌はパーツによる皮脂量の違いが一目瞭然です。

 

さらに、季節や生理周期、そして加齢によって、肌の状態は刻々と変わっていきます。

 

毎日「自分の肌に聞く」意識を持つことが大事なんです。

 

保湿を習慣づけることは、とても大切です。

 

そのために、洗顔後やお風呂の後、「すぐ」に保湿化粧品をつけるクセをつけましょう。

 

肌の水分は、一日中、絶え間なく失われ続けます。

 

1日2回は、しっかりとした保湿が必要という報告もあるんです。

 

保湿の手順

 

では、手順です。

 

手のひらに500円玉大くらいの化粧水をとり、両手で温めてから、手のひら全体で顔をやさしく包み込むようにし、なじませましょう。

 

手のひらを当てる位置を変えながら、まんべんなくつけます。

 

わたくはコットンはあまりおすすめしていません。

 

コットンを肌に滑らせるときの力の入れ過ぎや、コットンにつける化粧水の量の不足によって、肌に摩擦刺激が加わるリスクがあるからです。

 

「脂性肌」の方はここまででもOKですが、少しでも乾燥が気になる方は続けて「油分補給」です。乳液、クリームとプラスしていってください。

 

化粧水、が乾かないうちから塗ってOKです。

 

ただし、塗り方にはちょっとしたコツがあります。

 

肌表面が水分リッチな状態のところに油分を重ねると滑りやすいので、保湿したいパーツに「置く」ように肌になじませていく意識で。

 

「角層に浸透していくわ〜」とイメージしながら塗るとよいです。

 

保湿の重点ポイントは目元

 

「脂性肌」の方も、ここだけは油分補給をしておいていただきたいパーツがあります。

 

それは「目のまわり」です。

 

目のまわりはほかの部位と比べて皮膚がごく薄く、皮脂腺が小さい。

 

だから顔の中でもっとも乾燥しやすく、エイジングが目立つのです。

 

しかも目のまわりは表情筋によるシワもできやすい。

 

ですから、油分リッチな保湿剤を指の腹でやさしくポンポンと置くように与えてください。

 

基礎化粧品の代表的保湿成分は、水溶性のアミノ酸、グリセリン、ヒアルロン酸などと、油性のトリグリセリド、スクワラン、セラミド、ワセリンなどです。

 

ヒアルロン酸はもともと真皮に存在している成分で、高い保水機能を備えています。

 

同じく油分リッチな成分スクワランも、ヒトの皮脂に含まれる成分なので安心して使えますね。

 

また、角質細胞間脂質と同じ働きをするセラミドも、角層のバリア機能を高める保湿成分として効果的です。

 

ワセリンは、精製された油分です。

 

べたつきが気になる方は化粧水に混ぜると使いやすくなります。

 

最近は使用感、が改善された「乳化ワセリン」も手に入るようになりました。

 

保湿ケアには「流行りもの」もよく見られますね。

 

シートマスクは、規定時間を守るようにしてください。

 

長時間肌に貼り続けると、角層がふやけて肌内部の水分が蒸散しやすくなります。

 

オールインワン系コスメも、ちょっと注意が必要ですね。「これ一つで化粧水、乳液、そしてなんと化粧下地まで」といううたい文句は魅力です。

 

でも、本当に保湿まで十分かどうかは、とにかく自分自身の肌に聞いてみましょうね。

 

オイル美容も同じです。

 

口コミは有益な情報源ですが、「友達がいいといった」という製品が、あなたの肌のニーズを満たすとは限りません。