美白に効く食材はこれです!

美白に効く食材

美白に効く食材

 

誰もが憧れる美肌を思い描いたときに。肌が白いこと・はゆずれない条件でしょう。

 

美白対策として、摂ってほしい栄養ナンバーワンといえば何といってもビタミンCです。

 

紫外線を浴びると活性酸素体内でが発生してしまい、メラニン色素が作られるほとによって日焼けやシミになってしまうのですが、ビタミンCは、メラニン色素の生成を抑制するという働きをしてくれるからです。

 

「今日は日に焼けたな〜」と思ったら、大量のビタミンCを摂るようにしましょう。

 

炎症が和らぎ、傷んだ皮膚も早く回復するため、それほど色が黒くならずに済むはずです。

 

日焼け対策はその日のうちに。

 

後々まで残さないことが美肌づくりの鉄則です。

 

さらに、肌の修復を促すためにはたんぱく質も欠かせませんし、たんぱく質がきちんと代謝されるために必要なビタミンB群も摂りたいところです。

 

これで、色白美肌はもう目前、といいたいところですが、これら3つの栄養がスムーズに働くためには、鉄不足のないことが絶対条件です。

 

年齢が若い時には、いくら日焼けをしても、秋を過ぎるともとの肌色に戻っていたのに、年齢を重ねるにしたがって肌色が戻らなくなってきた……と悩んでいる人もいると思います。

 

年を重ねるにしたがって肌が白く戻りにくくなるのは、紫外線が原因で作られる活性酸素を取り除くカタラーゼという酵素を体の中で作る機能が弱まるからです。

 

この、カタラーゼの材料となるのが鉄。

 

鉄をしっかり摂っていれば、合成能力を復活させることができますから、十分に補うようにしてください。

 

もしご自分のカタラーゼ合成能力が気になったときは、クリニックで調べることもできるので興味のある方はお試しくださいね。

 

これまでは地上に届く紫外線といえばUVA(黒くなる日焼けを起こす)とUVB(赤くなる日焼けを起こす)の2つでしたが、オゾン層の破壊が進んだことでUVCという紫外線も届くようになり、私たちの体に影響を及ぼすといいます。

 

UVC波は、肌に強いダメージを与えて皮膚の細胞組織を破壊し、最悪の場合には皮膚ガンを引き起こすといわれていますから、美白のためにも、健康のためにも、紫外線から徹底的に身を守ることが必要です。

 

美白に効く食べ物

 

  • ビタミンC(メラニンの生成を抑制)赤ピーマン、ミニトマト、ブロッコリー、いちご、キウイ、アセロラ
  •  

  • たんぱく質(皮膚の材料)牛ヒレ肉、豚モモ肉、カツオ、ウナギ、卵、チーズ、大豆
  •  

  • ビタミンB群(たんぱく質の代謝を促す)牛・豚・鶏レバー、ウナギ、カツオ、マクロ
  •  

  • 鉄(酵素の材料)豚・鶏レバー、牛赤身肉、カツオ、マクロ、あさり