美肌のための美容成分「ビタミンC」

美肌のための美容成分「ビタミンC」

美肌のためのスーパー美容成分ビタミンC

 

シミ、くすみ、たるみ、毛穴、ニキビその他もろもろの肌の大きな悩みに抜群の働きをしてくれるスーパー美容成分があることをご存じですか?

 

「そこまでスゴイ成分があるの? 最近見つかったの? 何なの?教えて!」という声が聞こえてきそうです。

 

しかし、既に、その名前は知っているはずです。

 

その成分の名前は「ビタミンC」といいます。

 

とても聞きなれている名前なので、かなり拍子抜けしたかもしれないのですが、やっぱりビタミンCはとても素晴らしい成分なのです。ビタミンCの効果といえば、一般的に知られているのは「美白」の効果だと思いますが、それ以外にも素晴らしい美肌の効果がたくさんあるんです!

 

まずはじめに注目したいのは、抗酸化のパワーなのです。ビタミンCは肌の酸化を抑制してくれるので、いろんな肌トラブルのもとを軽くしてくれるのです。例えば、紫外線による皮脂の酸化を抑えてる働きによって、ニキビの治療に効果がありますし、抗酸化で肌の糖化を抑える働きもあるので、くすみやたるみの予防にもつながるのです。

 

ビタミンCには、抗酸化のアプローチとは違った別の「アンチたるみ」のパワーも持っています。それは、コラーゲンを増やしてくれるという働きなのです。

 

コラーゲンは、線維状の組織が上質な束になることによって肌の弾力のもととなるわけですが、その過程において必要となってくるのがビタミンCというわけです。

 

加えてビタミンCには、コラーゲンそのものを作り出す「線維芽細胞」を増やす働きまであるのです! ちなみにこの「線維芽細胞」は、保湿のために大切なヒアルロン酸をもつくる細胞なのです。

 

ぷりぷりした弾力がある肌になるために、ビタミンCは超重要!というわけなのです。

 

肌の組織自体を強くしたり、酸化防止の効果があるビタミンCの働きは、へルスケアの色々な分野に利用されていて、育毛剤や歯磨き粉にも使われているといいます。鉄分の吸収をサポートして貧血の予防にもなる働きもあるので、女性はビタミンCを積極的にとりたいものです。

 

ビタミンC摂取は1日1000mg以上が目標

 

こんなにも健康&美容の役に立ってくれるビタミンCなのですが、とても悲しいこと人間は体内でビタミンCをつくることができないのです。

 

多くの動物がビタミンCを体内合成できるのに、ヒト、サル、モルモットなどだけはできないのだそうです。

 

そこでビタミンCを口から摂取するしかありません。1日1000mgを目安にするの、がいいと思います。厚生労働省が推奨する1日当たりの摂取量は100mg(成人、男女)ですので、その10倍とれば十分です。

 

なお1日100mgという数字は「これ以下だと各種の欠乏症状が発症する可能性がある」という最低限の量だと思ってください。

 

ただしビタミンCは水溶性で、一度に大量にとっても排出されやすいので、1日のなかで何度かに分けてとるのが効果的です。朝にビタミンCをとることによって日中の酸化や紫外線のダメージを抑えて、さらに夜にビタミンCをとることによって睡眠中の細胞修復をサポートしてコラーゲン生成を活性化させましょう。

 

朝と夜だけはなく、日中にもビタミンCをとることをオススメします。細胞の酸化は、日常のストレスも原因であるといわれていて、そして、タバコを吸う人にとっては必ずとらねばならない成分なのです。

 

1日1000mgが目標!とお伝えしましたが、わたくしはさらに多めに1日2000〜3000mgを欠かさずとっております。

 

サプリで摂取するだけではなく、食事からもできるだけビタミンCをとるようにすることが大切で、食事では生野菜を積極的に食べるようにしましょう。めったに風邪を引かなくなりますよ。

 

ただし男性の場合は、過剰なビタミンC摂取が尿管結石につながるともいわれているので、1日1000mgを限度にしてください。